ゴルフ会員権の評価額や骨董品・書画が家庭用財産なのかを調べる

ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

ゴルフ会員権の評価額や骨董品・書画が家庭用財産なのかを調べる

ゴルフ会員権や骨董品・書画などが相続財産になる場合には、どの程度の価値があるのか判断に迷ってしまうことも少なくありません。
ただゴルフ会員権や骨董品・書画などお金に換算できるものは、相続財産として相続税の対象になるので財産評価をする必要があります。
ゴルフ会員権は取引相場の有無により評価方法が違いますし、会員権の内容によっては相続税の対象にならないこともあります。
一方の骨董品や書画などは、よほど有名な作家によるものでなければ鑑定価格は低くて、そのような時には家庭用財産に含めて評価されることも少なくありません。

骨董品や書画は高価な品物と考えて鑑定しても結果低い金額になることもありますし、逆に高価なものでないと考えていたのに数百万円以上の価格が付くこともあります。
その為、相続した場合にはしっかりと鑑定してもらい価値を明確にしておく必要があります。
ただ、先にも触れたように鑑定結果で数十万円程度の価値だった場合には、テレビやタンスなどと同様に家庭用財産として相続税の計算に含めることになります。
逆に数百万円以上の価格と判断された時には、個別の相続財産として相続税の計算がされるのです。
このように評価される価格よって取り扱いが違ってくることを理解しておくことも大事です。

それから、もし鑑定結果で家庭用財産に含めて計算できない程高価な骨董品や書画と判明した場合には、国や地方公共団体などが運営している美術館などの施設に寄付をするという方法もあります。
このように施設に寄付することで相続財産に含まれないという特例制度があるので、そうすることで相続税の節税につなげることができます。
個人が趣味で集めている骨董品や書画の場合は、通常高くても数十万円程度の価格と言うのが多いので家庭用財産として扱われるのですが、もし想像以上に高価な場合は特例制度を利用するのもひとつの選択肢です。
ゴルフ会員権・骨董品・書画などは、このようになかなか相続税の評価額が判断しにくいので、残された遺族に迷惑をかけないためにも、早い段階で評価額を調べておくことも大切です。