骨董品や書画は相続税の対象になるのか?

ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

骨董品や書画は相続税の対象になるのか?

相続税の計算時に、財産としての価値があるものは全て、課税対象となります。
例えば、書画、骨董品、絵画、壺、掛け軸などです。
こういった書画、骨董品、絵画、壺、掛け軸等の財産的価値(=時価)を評価することは難しく、専門的知見のある人に依頼することが一般的です。
専門的知見のある人に依頼する場合、鑑定料が必要となりますが、正確な評価を確認する上では、やむをえない費用かと思います。
また、予測より鑑定額が高い場合があります。
そういった場合は、複数の専門家への依頼を行い、適正な鑑定額を知ることで、相続税評価額を適正な評価額に下げることができる場合があります。
できれば、いくつかの鑑定を受けると良いでしょう。

ただ鑑定を受ける場合には美術商などの専門家に依頼することになるので、当然のこと鑑定費用が発生してきます。
また美術品・書画・骨董品などは、大抵が予想していた価値より低い場合が多く、その為に鑑定費用の方が美術品や骨董品の価値より高くなってしまうケースも少なくないです。
しかも鑑定費用に関しては、相続税の計算上で控除の対象にはならないので、鑑定するかどうかは慎重に検討する必要があります。
しかし、価値を正しく計算しなければと考える相続人がいる場合がありますし、余計な相続争いを避けるためにも鑑定を受けておく方が得策になることもあります。

それから相続税の対象となる骨董品や書画ですが、相続税の計算において3,000万円+(600万円×法定相続人数)で計算される基礎控除額というのがあります。
例えば、法定相続人が配偶者と子供2人で3人の場合には、3,000万円+600万円×3人=4,800万円が基礎控除額になるのです。
つまり、相続財産が4,800万円以上ない場合には相続税を支払う必要がないので、単に骨董品や書画の価値だけに囚われずに、相続財産全体を把握することが大事なポイントになります。
また、もし相続する骨董品や書画が鑑定により高額であると判明した場合には、国や地方公共団体などが運営する施設に寄付する方法があります。
そうすることで相続財産に含まれないという特例制度があるので、相続税の対象にならないのです。