相続税で知っておきたい「いつ」

ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

相続税で知っておきたい「いつ」

image

・相続税はいつから発生するの?
相続税に関しては、被相続人が亡くなった時点で発生します。
ただ、基礎控除を超えない限りは申告の義務も納付の義務も発生しません。
そのため、被相続人が亡くなった際、どれくらいの財産や資産があるのかについては、しっかりと調査して考えていくことが必要となります。
その際、法定相続人に関しても調査しなくてはなりませんし、遺言書がある場合はそちらにも従って行動していくことが必要となってくるでしょう。
ただ、原則としては被相続人が亡くなった時点で相続が発生し、相続税の申告や納付も必要となってくると思っておきましょう。
ただ、相続に関しては具体的にいつ発生するというよりは、相続が発覚してから10か月以内に自分で申告して納付するというのが通例となっています。
そのため、10か月以内であれば、いつ支払っても良いということです。
しっかりと家族間で遺産分割協議などを済ませ、その上で計算して支払うようにしましょう。

・相続税はいつまでに支払うの?
すでに答えが出ているのですが、相続税は相続が決まってから10か月以内に申告し、その上で納付していくことが必要となります。
ただ、この間に死亡届を出し、葬儀を行って遺族間で遺産分割協議をしなくてはなりません。
さらには、相続放棄をする遺族などがいる場合は、そちらも考慮しなくてはなりません。
その他、遺言書によっては遺産の行方をそれぞれ指定していることもあります。
そこも考えて対処していくことが必要となってくるでしょう。
実際に期限は10か月以内と決まっていますが、相続放棄をする場合は3か月以内に申し出ることが必要となってきます。
被相続人が亡くなった時には、色々とやらなくてはならないことも沢山あります。
そのため、しっかりと考えて対処していくことが必要となります。
特にいつまでに支払うかと言えば10か月以内ですが、相続税の他にも計算が必要となってくるものはあるので、早め早めに行動しておくことをおすすめします。

・細かな税金の計算は税理士が便利
支払うべき相続税に関しては、素人が計算して申告し、納付するというのが難しいです。
基本的な流れはそこまで難しくないのですが、やはり一般の方にはハードルも高いです。
そこで使っていきたいのが、税理士などの専門家だと言えるでしょう。
専門家などはとても頼りになるので、ぜひ上手に活用してみてください。
使い方によっては、税金が安くなることもあるので、ぜひ専門家を使って節税しましょう。