個人の相続税・区民税・都民税

ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

個人の相続税・区民税・都民税

image

被相続人が亡くなった際、必要となってくるのが相続税です。
相続税というのは、相続する人が支払うべき税金であり、内容によってはかなり大きな税負担になることもあるものだと言えるでしょう。
基本的には相続税も、財産や資産によって変わってきます。
基礎控除を超えない限りは、他の税金と同様に支払う必要もありません。
その基礎控除に関しては、3,000万円と1人当たり600万円が定められています。
つまり、3,600万円を超えない限りは、相続税が発生することはありません。
ただ、他の遺族が相続放棄した場合などは、この相続税も変わってくるので十分に注意が必要となります。
そこも理解しておくことによって、変わってくるのではないでしょうか。
なお、税金に対してはわからないことも多いはずなので、まずは専門家に相談しましょう。

その他、個人が注意しておきたい税金が、区民税や都民税などの住民税です。
住民税というのは、1年の間に入った所得に応じて金額が決定するものです。
ただ、相続で何千万円という金額が入ってきた場合、この住民税に関しては特例が用意されています。
それは当然のことで、例えばいきなり何千万円も入ってきて、住民税が数百万円請求されても、支払いたいと思う人はほとんどいないでしょう。
もちろん、住民税は所得などに応じて決まるので、そこは考えて対処しなくてはなりません。
まずはこれらの点もわからないと思うので、専門家に相談してください。
専門家であれば、色々と対処してくれますし、それも最適な方法を使ってくれます。
そこは、上手に使っていくべきなのではないでしょうか。
使い方によっては、とても便利なのが税理士です。
特に税理士に関しては専門知識が豊富で、すぐに対処してくれるでしょう。
この手の税金のことであれば、税理士を使うのが定番と言えます。

ただ、税金に関しては色々な条件によって変わってくるので、一概に税理士に頼めばすべて解決ということではありません。
そこは十分に気を付けておくことが必要となってくるでしょう。
ちなみに、近年は税理士も色々な方法を駆使するようになっていて、税金をいかに節約できるかという点に関しても考えてくれています。
税理士はそれぞれ実力も違ってきますが、頼りになる方もとても多いです。
自分にとって、頼りになる税理士を見つけておけば、まずは安心だと言えるでしょう。
他にも専門家を活用すれば、相続などは安心して乗り越えられます。