ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

ゴルフ会員権、書画・骨董品も相続税対象になることもあるんです

image

相続税は、相続した財産にかかる税金です。相続する財産として思い浮かぶのが、金融機関に預けている預貯金や株式・不動産あたりでしょう。しかし実は、ゴルフ会員権・書画・骨董品も相続税の対象になります。
そこで相続税についてしっかり対策を立てるためにも、相続税の対象となる意外な財産について取り上げます。

まずは、ゴルフ会員権です。ゴルフ会員権は格安でゴルフができる等、ゴルフ好きにとっては様々な特権があります。相続人の中にゴルフ好き方がいれば名義変更してそのまま使っても構いません。でも相続人全員がゴルフに興味がなかった場合は、売却になるでしょう。
ただし売却する際に気をつけておきたいのは、所得税です。相続財産を売却して利益を得ると、相続税とは別に所得税がかかります。ゴルフ会員権の売却を考えているのなら、しっかりとした税金対策が必要です。

書画や骨董品も、相続税の対象です。ちなみに絵画・壺・掛け軸も、相続税がかかります。相続税がかかる財産は、「財産的価値があるもの全て」です。相続税の計算を行う際には、書画や骨董品などの評価額を割り出さなければいけません。
しかしその道のプロならばいざ知らず、素人が骨董品を鑑定するのは流石に無理があります。鑑定は税理士ではなく、その道のプロに頼むことになります。

ただし書画や骨董品の相続には、落とし穴が潜んでいます。お金ならば均等に分けることができますが、書画や骨董品を均等に分けるのは不可能です。また骨董品などを鑑定するには、鑑定料がかかります。相続後に鑑定した場合、誰が鑑定料を出すかについてのトラブルが起きてしまう恐れがあります。骨董品などが相続財産に含まれている場合は、被相続人が存命中に鑑定しておくのがベストです。被相続人が存命中に鑑定を済ませておけば、鑑定料を誰が出すのか揉めることはありません。
ただ相続した骨董品が、安いものならば相続税の対象外になる可能性があります。数千円単位の骨董品の場合、家電製品と同じく「家財」としての取り扱いになります。家財になる場合、相続財産ではなくなるので相続税の対象とはなりません。

ちなみに仏壇・仏具などの祭祀にまつわるものについては、相続税の対象外となります。では「相続税対策として仏壇や仏具を購入した方が良い」とおもわれるかもしれませんが、全くの誤解です。
相続税対策として仏壇・仏具の購入を考えているのなら、素直に相続税を支払った方がお得です。